Musica AZUL

ムジカ・アスール

Instructor

ムジカ・アスール Classic Guitar 教室

ムジカ・アスール Classic Guitar 教室では、所沢にてクラシックギターのレッスンを行なっています。ギターに全く触れたことが無い、自宅に楽器がないという方もどうぞご安心ください。個人レッスンですので、ご自身のペースに合わせて楽しく進めることができます。レッスン時に楽器貸し出しが可能です。詳しくは、ムジカ・アスール Classic Guitar 教室ページをご覧ください。

講師プロフィール

ムジカ・アスール Classic Guitar 教室の講師をご紹介します。
清水悠先生はアルゼンチン・フォルクローレの主に、チャカレーラ、サンバ、チャマメ、ミロンガ、カルナバリート(ワイニョ)などを専門としています。
福井浩気先生は、アルゼンチン・タンゴ、ミロンガ、ワルツ、カンドンベなどが専門です。

清水悠 / Haruka Shimizu

13歳よりギターを始め、近藤秀司氏、柴崎建司氏に師事。
リカルド・モヤーノ、ファン・ファルーのマスタークラスを修了。
カルロス・モスカルディーニ、エルネスト・メンデス、オスバルド・ブルクア、キケ・シネシの指導を得て、ソロCD『TRASFONDO ONÍRICO』(2018年)をリリース。
このアルバムにはアルゼンチンの優れた作曲家でギタリスト、カルロス・モスカルディーニの作品を収録し、作曲者本人から高い評価を得た。

「その深い感性とアルゼンチン音楽の語法をわれわれに示し、 私の音楽に彼独自の繊細な表情を加えることによって、 作品そのものをより豊かなものに昇華させています。」(カルロス・モスカルディーニ)

近年はギタリストのリカルド・モヤーノ、ハビエル・コントレラス、ミルタ・アルバレス、歌手のイルマ・オスノ 他、トップクラスのミュージシャンとの共演やレコーディングに参加。
2019年にはアルゼンチン最大規模の音楽フェスティバル、「フェスティバル・ナショナル・デ・フォルクローレ」に出演。その様子はアルゼンチン全土に放送された。

「音楽に国境はありません。悠はチャカレラをアルゼンチンの優れたミュージシャンと同じように解釈します。私は差別主義者ではありませんが、「優れた人種」は存在するのかもしれません」(リカルド・モヤーノ)

アルゼンチンコスキン音楽祭日本代表審査会1位
文部科学省公認ギターグレード認定1級
これまでの活動はタワーレコードのミュージック・レビューサイト「MIkiki」やブエノスアイレスのプレス「LA NACION」などに掲載。

福井浩気 / Hiroki Hukui

4歳よりクラシックギターを始める。

2009年に渡仏し、ジュディカエル・ペロワに師事のもと、オルネー=スー=ボワ県立音楽院(パリ近郊)にて音楽研究資格、オー=ド=フランス高等音楽学校(リール)にて国家音楽家専門資格及び国家音楽教育資格を取得。在仏時には、リール近郊の音楽学校で約4年間ギター講師も務める。

これまでに、ギターを武藤吉洋、辻幹雄、高田元太郎、ジュディカエル・ペロワ、ロレンツォ・ミケーリの各氏に師事。
第38回神奈川新人ギタリストオーディション首席、第52回東京国際ギターコンクール5位、第23回名古屋ギターコンクール4位、第61回九州ギターコンクール3位、第6回ペスカーラ国際ギターコンクール(イタリア)2位。

また、アルゼンチンギタリストのディエゴ・トロスマンやシロ・ペレス各氏の指導を得て、アルゼンチンタンゴの追求も行う上、バンドネオン奏者のルイーズ・ジャリュと「Duo FUKUI-JALLU」を結成し、ミュールーズのタンゴフェスティバル「Le Printemps du Tango」やパリの「Tango Paris Banlieues」 等に出演する他、フランス国内で多数演奏活動を行う。2017年に、アルバム「Ars Moderna」をKlartheよりリリース。

現在は昭和音楽大学付属音楽教室やアルトフィールド音楽教室をはじめ多数の教室で指導するほか、フォルクローレやタンゴミュージシャンとの共演等の演奏活動も行っている。

お申し込み・お問い合わせ

ご希望内容 (複数可)
ギター教室について体験レッスンについてレッスン申し込みその他

お問合せ・ご予約メッセージ:

清水悠 / home recording project in May (2020)

Lesson

Lesson

ムジカ・アスール Classic Guitar 教室

所沢にてクラシック・ギターレッスンクラスを開講中
ただいま生徒募集中です。
ご興味のある方は、無料体験レッスンを受講ください。

ムジカ・アスール Classic Guitar 教室